News
  • share with weibo

China|中国KOLインタビュー:Yanie Yanson

Jun 28, 2018.丁 雪晴Beijing, CN
VIEW210
  • share with weibo

ーファッションブロガーになったきっかけを簡単に教えてください

最初はニューヨークで、アメリカ育ちの韓国人ファッションデザイナーのところでインターンをやっていた。彼は当時ジュリア・ロバーツやマドンナなどの、大物スターのスタイリングをやっていた。その後、メイクアップのコスメブランドのインターンに参加した。

大学にいる間に奨学金でミラノ、フランス、ニューヨークに行くことができた。その後大学院に進み、その間にパリと上海を往復してファッション業界の知識をたくさん覚えた。これをきっかけに真剣にファッションブログをやろうと決めた。

最初はインフルエンサーとしてキャリアを進めることに対して真剣に考えておらず、ただの趣味としてやっていた。しかし、上海に来て初めて人にインフルエンサーと認知されたことが、私のブロガーキャリアの中でとても重要なターニングポイントになった。

現在はブティック「Pompom」の共同創設者兼戦略ディレクターとして、活動を行っている。クリエイティブな戦略と多様なソーシャルメディアを使って、中国の複雑なマーケットの中でブランドを拡大させている。

ー国際的に有名なインフルエンサーとしてクライアントを選択する基準はなんですか?

通常でいうとクライアントの選択はとてもナチュラルなプロセスで、私のスタイルを見て自然にアプローチしてくる。近年コラボしていたブランドも大きな変化があった。今よく着ているのは、ストリートブランドとサステイナブルなブランドだ。

ーインフルエンサーとして自分の影響力を数字で表現することはできますか?(ブランドを宣伝するときどのくらいの売り上げが上がったか、WEIBOなどのSNSで動画や文章を投稿するとリツイートといいねの数がどのくらいになるのか、など)

インフルエンサーとして、総合的なイメージとエンゲージ率で効果を評価される。たまにアクセス数とコンバージョンで判断するクライアントもいる。これはWEIBOやInstagram(@yanieyanson)、wechat (themarginalist)でよく行っている。

ーあなたがインフルエンサーとして影響力がこんなにあるのはなぜですか?

美学とコンテンツの一貫性と、強烈な表現力。そもそも中国では、デジタルメディアの活用がとても重要になっている。

ー中国の今のファッショントレンドに対してどんな思いを持っていますか?

中国のファッショントレンドはとても早く変化しており、かつどんどん成熟していく。チャレンジ精神が旺盛で、特に今はストリートブランドとハイエンドブランドの融合や、ヒップホップ文化とウェブエンターテインメントの融合がとても盛んだ。

READ MORE