News
  • share with weibo

US|米投資会社が人気米コスメ「ライム・クライム」を買収 5年以内に売り上げ3倍に

Jul 5, 2018.呉ステファニーTokyo, JP
VIEW67
  • share with weibo

100%ヴィーガンな製品で知られているコスメブランド「Lime Crime(ライム・クライム)」は、6月18日にアメリカの投資会社のテングラム・キャピタル・パートナーズ(Tengram Capital Partners以下テングラム)に買収された。買収額などについては発表されていない。今後テングラムは「Lime Crime」の成長を支援し、世界的な知名度を高めることを目指している。2017年の純売上高は3,000万ドル(約33億979万円)と推定され、5年以内に3倍の売上高を目指す。新CEOにスキンケア・ブランド「Fresh(フレッシュ)」の元ゼネラル・マネージャーであるステイシー・パナガキス(Stacy Panagakis)が就任。引き続き主力のECに注力しつつ、7月にイギリスの百貨店「セルフリッジ(Selfridges)」での発売を皮切りに、より多くの顧客に製品を提供するために小売業者とのパートナーシップを追求していく。

「Lime Crime」は2008年にドゥ・ディア(Doe Deere)によって設立され、ファッション好きに愛されているブランドとして、ビューティー業界で爆発的な存在感を放っている。しかしディアはこれまでにいろいろと物議を醸しており、その中でもナチスの衣装を着た写真を公開した際に世間から強く批判された。彼女は「後悔している」と言いながらも、「あの時は調子が良くなかった。ただのジョークだ」などと言い訳をした。現在彼女は日々の業務には参加しておらず、会社の取締役の一人としてただ籍を置いているだけの状態だ。

READ MORE