News
  • share with weibo

Japan|「マックハウス」が通期下方修正 2020年2月期は22億円の赤字

Jan 11, 2020.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW277
  • share with weibo
マックハウス公式HPより

チヨダの子会社でジャスダック上場のカジュアル衣料品チェーンのマックハウスは2020年1月10日、2020年の2月期(2019年3月1日~2020年2月29日)の通期業績予想を下方修正した。売上高は256億円(修正前は268億円)、営業利益は14億9000万円の赤字(修正前は8億6400万円の赤字)、当期利益は22億円の赤字(修正前は14億1200万円)に修正した。第3四半期は、各種施策により客数は増加したものの、天候不順による季節商品の立ち上がりの遅れに伴う値引きや滞留在庫の処分で客単価が低下した。さらに、12月は暖冬の影響により、防寒アイテムを打ち出した歳末セールが盛り上がりに欠け、既存店売上高前年比において11.6%減となった。これらの要因で、通期の売上高は前回発表予想を大幅に下回ることとなった。また、店舗に係る固定資産の減損損失などとして3億1200万円の特別損失を計上している。

READ MORE