BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

岸田一郎氏が創刊編集長を務めた雑誌「MADURO」が休刊 今後はオンラインに注力

May 10, 2021.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW540
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

MADURO ONLINEは5月10日、隔月刊で発行していた雑誌「MADURO(マデュロ)」を7月号(5月25日発売)をもって不定期刊行にすると発表した。今後はオンライン配信の「MADUROオンライン」に注力し、次回の雑誌刊行は決まり次第知らせるという。雑誌「MADURO」は、50~60代の新しいシニア富裕層に向けたライフスタイル男性誌として、2014年9月24日に創刊された。創刊には雑誌「LEON(レオン)」の出身者が参画し、岸田一郎氏が編集人編集長/製作総指揮、大久保清彦氏が発行人/総合プロデューサー、大久保清彦、干場義雅がファッションディレクターを務めていた。創刊当時はyanG(ヤンジー)とセブン&アイ出版の共同発行だったが、その後MADURO ONLINEに移行、コンセプトを変更するなどして継続してきた。現在は九島辰也氏が編集長を、大久保清彦氏が総編集長を務めており、2020年1月に隔月刊化したばかりであった。

READ MORE