News
  • share with weibo

Japan|『映画秘宝』の岩田和明編集長が声明 「日本一売れている映画雑誌のまま休刊します」

Dec 24, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW670
  • share with weibo

洋泉社が発行する映画雑誌『映画秘宝』が2020年3月号(1月21日発売)をもって休刊する。2020年2月1日付で洋泉社が宝島社に吸収合併され解散するのに伴い、宝島社で継続発行せず休刊することとなった。『映画秘宝』は、1995年に編集者の町山智浩らによって創刊された映画専門誌で、現在は岩田和明が編集長を務めている。また、『別冊映画秘宝』『特撮秘宝』シリーズも同時に休刊となる。

岩田編集長は、12月21日の公式ツイッターで「日本一売れている映画雑誌のまま休刊します」と声明を発表。「今回の唐突な決定に、今もやりきれない思いです。ですが、愛読者の皆様による『#映画秘宝の思い出』ツイートのなかに溢れる、熱い想いが込められたひとつひとつの言葉に、これほどまでに救われた日々はありません。突然の休刊につきまして、『映画秘宝』編集人として重く責任を感じております。そして、皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。しかし、このような状況のとき、あたたかい言葉をかけていただいた愛読者、関係者の皆様に、心より感謝いたします。『映画秘宝』は、愛読者の皆様と共に、同じ映画の愉しみを、同じ目線で分かち合い、歩んできた25年だったのだと改めて感じ入り、読みながら深夜にひとり涙しました。現時点での展望は、まだわかりません。ですが、『映画秘宝』の25周年という節目の年の歓びを、愛読者の皆様と共に分かち合いたい。その使命感と、新たなる希望を胸に、今日この想いをさらに強くしました。でも、やるんだよ!これから先の展開に向けて、立ち上がります」と、読者らに向けてコメントしている。

READ MORE