BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ヒューマンメイド」運営会社のアドバイザーにアーティストのカウズが就任

Mar 22, 2023.Tokyo,JP
VIEW49
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
(撮影:セブツー)

NIGOが手掛けるライフスタイルブランド「ヒューマンメイド(HUMAN MADE)」を運営するオツモのアドバイザーに現代アート界を代表する世界的アーティストのカウズ(KAWS)が3月16日に就任した。

90年代に出会い、ともにストリートカルチャーを牽引してきたNIGOとカウズは旧知の仲で、2人は長きにわたりさまざまなコラボーレーションを生み出してきた。「ヒューマンメイド」では、2021年7月から「ヒューマンメイドx カウズ」と称したコラボレーション・シリーズをスタートした。アパレルだけでなく、アートとカルチャーを融合したラインアップは毎シーズン瞬く間に完売し、国内外問わず幅広い世代から支持を得ている。

カウズとオツモは、新たなクリエイティブを追求するため、アドバイザー契約に至った。今後、カウズはものづくりや経営に対して多角的にアーティスト視点から助言や支援を行い、「ヒューマンメイド」をより進化させ、オツモのヴィジョンである「ストリートから、地球生活を面白く。」を実現するサポートをしていく。

カウズは、「これまで、NIGOと東京のストリートカルチャーには、数えきれないほどのインスピレーションをもらってきました。また、「ヒューマンメイド」とのコレクションを通じて、オツモが掲げるヴィジョン『ストリートから、地球生活を面白く』にも共感しており、今回アドバイザーとして参加することを大変うれしく思っています。今後、オツモの皆さんと、新たなものづくりができることに私自身とてもエキサイトしています」とコメントしている。

また、NIGOは今回の就任について、カウズと出会ってから、早いもので約30年の時が経ちます。これまでもさまざまなプロジェクトを一緒にやってきましたが、今回アドバイザーに就任してくれたことは、オツモの未来にとって大変心強いです。ともにストリート出身で、互いの成長を見続けてきた僕らにしかできないことを、オツモを通して地球に発信できたらと思います。ありがとう、カウズ!」と語っている。

READ MORE