News
  • share with weibo

Japan|オンワードHDの初の希望退職者募集に約1割の社員が応募 募集人数350名を上回る

Feb 8, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW191
  • share with weibo

オンワードホールディングス(以下、オンワードHD)は2020年2月7日、昨年12月に販売職を除く勤続3年以上で40歳以上の社員を対象に約350人の希望退職を募ることを公表していたが、その募集結果を発表した。約350名の募集人数に対して413名が応募した。総社員4643名(2019年2月期時点)の約1割にあたる応募数で、予想を上回る結果となった。応募者には規定の退職金に加えて特別退職金を支払い、希望者に対しては再就職を支援する。今回の希望退職者募集の結果にともない、特別退職金として約39億円の費用が発生するが、2020年2月期決算に特別損失として計上する予定だ。

オンワードHDが希望退職を募集するのは今回が初めてだった。オンワードHDは主要販路である百貨店販売の不振が続き、「600店閉店」「低採算ブランド廃止」「韓国撤退」といった構造改革に向けたスクラップを立て続けに実施してきたが、人員整理にも着手していた。オンワードHDは昨年10月、2020年2月期の業績見通しを大幅に下方修正し、営業利益は55億円から12億円に引き下げ、55億円の黒字を見込んでいた純損益は240億円の赤字に引き下げていた。

READ MORE