BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|TOKYO BASEの株価が下げ止まらない

Jul 20, 2018.久米川一郎Tokyo, JP
VIEW210
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

セレクトショップ「STUDIOS(ステュディオス)」や「UNITED TOKYO(ユナイテッドトーキョー)」を運営するTOKYO BASE(東証1部)の株価が下げ止まらない。7月19日も前日に比べ39円安(ー5.66%)の650円で引けた。7月13日に発表になった第1四半期(3月1日〜5月31日)の決算が、売上高29億3000万円(前期比0.6%増)、営業利益3億2500万円(同-28.2%)、経常利益3億2600万円(同-27.9%)、四半期純利益2億2500万円(同-27.8%)と、微増収大幅減益だったために、前期決算期に発表した今期の業績目標・売上高153億6100万円(前年比20.2%増)、営業利益20億2900万円(同28.9%増)、経常利益20億3200万円(同28.9%増)、当期純利益13億8700万円(同23.2%増)の達成は難しいと判断されて、売られている。

TOKYO BASEは、今年2月26日に1株を3株に分割した。その後は4月5日の終値の1535円が最高値。前述した7月13日にはストップ安で終値は701円。7月19日の終値は39円安で650円だった。期待から高値が続いたこともあり、尚一層の安値も予想される。

出典:Yahoo!ファイナンス

READ MORE