BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|豊島がスパイバーと共同研究契約を締結 第三者割当増資の引き受けも

May 12, 2020.Tokyo, JP
VIEW301
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

豊島株式会社がスパイバー株式会社の第三者割当増資の引き受けと、紡績糸とテキスタイル開発に関する共同研究契約を締結したことを発表した。スパイバーは2007年に設立したスタートアップ企業で、創業者の関山和秀氏と菅原潤一氏が慶応義塾大学先端生命科学研究所で取り組みはじめたクモ糸人工合成の研究成果を活用し、構造タンパク質素材「Brewed Protein™」を独自開発。世界に先駆けて量産技術の確立に成功している。

今回の共同研究契約の締結で、両社の知識とリソースを相互に活用して共同で開発を進め、ファッション分野だけでなくライフスタイル分野において「Brewed Protein™」などの構造タンパク質繊維の用途拡大と普及を加速させていく。また、豊島株式会社は最先端のテクノロジーを活かし、今後も環境負荷を可能な限り低減したサステナブルな素材の開発を行い、社会に新しい価値を生み出していくという。

READ MORE