News
  • share with weibo

Japan|星野リゾート初の「輪泊」 土浦にサイクリングホテル「星野リゾート BEB5 土浦」を来春開業

Sep 30, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW104
  • share with weibo
「星野リゾート BEB5 土浦」について説明する星野リゾートの星野佳路社長

星野リゾートは、茨城県のJR土浦駅にある体験型サイクリングリゾート「プレイアトレ土浦(PLAYatre TSUCHIURA)」に、サイクリングホテル「星野リゾート BEB5 土浦」を2020年3月19日に開業すると発表した。「プレイアトレ土浦」は、全長180kmの日本最長のサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のスタート地点にベースキャンプとしてオープンした日本初の駅直結サイクリング拠点で、茨城県、JR東日本、アトレの官民一体で取り組む地方創生の新しい試みとして誕生した。発表会には、星野リゾートの星野佳路社長を始め、アトレの一ノ瀬俊郎社長、大井川和彦茨城県知事が自転車にまたがりサイクルウェアで登壇した。

星野リゾートとして、自転車をコンセプトにしたホテルを運営することは初であり、茨城県内のサイクルツーリズムを盛り上げ、自転車を活用したまちづくりに貢献していくという。登壇した星野社長は、「若い世代にもっと旅をして欲しいという思いから始まったプロジェクトだ。20〜30代の若者にグループインタビューを実施したところ、旅という概念が私たち世代とはまったく違っていることに気がついた。私たちにとって旅とは、飛行機や新幹線、船に乗ることだと思っているが、彼らにとっては電車で30分ほどの隣の町に行くことがすでに旅になっている。私の世代から見たら、それは散歩ではないかと考えてしますが、実は旅行市場にとっては非常に重要な概念だと考えている。この世代のこういう気持ちに応えたい。つまり、日常と旅の間の新しい旅行の形態、ちょっとした旅行を作っていこうというのが今回のサイクリングホテルのテーマだった」と、今回のコンセプトを説明した。90室ある客室は「80%の稼働率」を目指すという。

左から、星野リゾートの星野佳路社長、アトレの一ノ瀬俊郎社長、大井川和彦茨城県知事

【概要】
・ホテル名:星野リゾート BEB5 土浦
・運営会社:星野リゾート(代表:星野佳路)
・延床面積:約5,000平方メートル
・施設構成:客室、パブリックスペース(カフェ、ライブラリー、ショップ含む)
・客室数:90室(プレイアトレ土浦 3~5F:3F/16室、4F/33室、5F/41室)
・平均客室面積:約26平方メートル
・料金:1泊6,000円~(2名1室利用時1名あたり、税別、食事別)
・予約開始 2019年9月30日(月)14:00よりスタート

READ MORE