News
  • share with weibo

Japan|皆川明と中村好文がディレクション、京都の町家をリノベした宿泊施設「京の温所 西陣別邸」がオープン

Sep 2, 2019.鍋倉萌子Kyoto, JP
VIEW218
  • share with weibo

株式会社ワコールは、「ミナペルホネン(minä perhonen)」デザイナーの皆川明と建築家の中村好文が手がけた宿泊施設「京の温所 西陣別邸」を、10月1日に京都の西陣エリアにオープンする。ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の5軒目となる「京の温所 西陣別邸」は、築約95年の京町家を現代の生活に寄り添うようにリノベーション。1階には使い勝手に優れたキッチンと町家の構造を活かした吹き抜けのあるダイニングがあり、京の食材を使用して料理し、味わうという贅沢な体験をして欲しいという思いが込められた空間になっている。皆川は「この家を初めて訪ねた時、持主のご主人と奥様の温かなお迎えは今でも心に残っている。家は住まわれる方の暮らしを表しているかの様に心地よさを携えていた。その家は中村好文さんによって現代の暮らしと旅人の寛ぎを融和する空間となり、所々に生まれた新たな設えは様々な和らぎと過ごし方を訪れる人に味わっていただけるだろう。この宿で過ごすひと時が日常の延長の中にある一雫の光のようになりますように」と語った。

READ MORE