FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「チームデサント」アンバサダーの大谷翔平選手、入江陵介選手、鈴木愛選手が「15歳の自分へ」メッセージ

Apr 7, 2022.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW0
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

デサントジャパンは4月7日、「チームデサント」のアンバサダーを務めるメジャーリーガーの大谷翔平選手、水泳の入江陵介選手、ゴルフの鈴木愛選手が「15歳の自分へ」をテーマにインタビューしたメッセージ動画を公開した。ちょうど新学期を迎える中学生や高校生たちに向けたメッセージとなっている。動画では、15歳の頃を振り返り、当時感じていたことや現在の自分から15歳の自分へ言ってあげたい言葉などを語っている。

大谷翔平選手は、「もう少し大きい夢を持って、毎日その夢に向かって頑張ってほしいなと思います。高校に行ってからは寮に入りましたし、学校に行ったり来たりだったのでそれなりに真面目でしたけど。(中学時代は)実家だったので自主練習みたいな・・・。もうちょっと真面目に頑張れば良かったなと思います」と語りかけている。15歳ごろの大谷選手といえば、リトルリーグの全国大会に出場し、すでに野球界では知られた存在だった。大谷選手が同郷で花巻東高校のエースだった菊池雄星選手に憧れて、同じ高校への進学を決めたのも15歳だった。入江陵介選手は、「進路に迷っていた15歳。周りの期待は大きかったけれど、高校生活を楽しみたいと思っていたし、逃げたいと思っていたかもしれない。でも、水泳続けて良かったよ。色んな世界が待っているよ」と、語っている。入江選手は、中学を卒業する直前の大会で100メートルと200メートルの背泳ぎで日本中学記録を樹立している。鈴木愛選手は、ちょうど15歳になったばかりの時に出場した「四国女子アマチュアゴルフ選手権競技」で優勝し、プロゴルファーを目指すきっかけとなった。「プロになるか悩んだ15歳。自分が自分を信じられないと、誰も信じ てくれない。自分自身を信じて、チャレンジすることが大事。思い切っ ていけ!」とコメントしている。

3人のメッセージ動画は、チームデサント公式YouTubeチャンネルで公開されている。

READ MORE