FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「G-SHOCK」が初となるグーグル搭載のスマートウオッチを発売

May 14, 2021.三澤さくらTokyo, JP
VIEW48711
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

カシオは、「G-SHOCK」初のWear OS by Google™搭載スマートウオッチ「G-SQUAD PRO GSW-H1000」を5月15日より発売する。グーグルアプリやSNS通知に対応し、デイリーユースに役立ちながら、一方で耐衝撃+20気圧防水のタフネスボディに、GPS機能+マルチセンサー、マルチスポーツに対応したカシオオリジナルアプリなど、様々なスポーツアクティビティにも対応する機能を搭載している。最大の特徴であるスポーツ計測機能はランニング、屋内ワークアウト、スイミングなどのトレーニング系から、バイクやスノーボード、フィッシングまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応しており、心拍数を計測する光学センサーや、高度、気圧、加速度、ジャイロセンサーなどを活用して運動をサポートするデータを計測できる。また、別売りのモーションセンサー搭載のウェアラブルデバイスと連携するとランニング時のフォームチェックが可能。ピッチやストライドのほか、蹴り出す加速度や腰にかかる衝撃、骨盤の動きや傾きなどの姿勢情報を細かく解析。さらに、計測データを専用アプリに転送し、フォームの分析や改善点などのパーソナル情報を提供。トレーニングの質を高めるのに役立つ。カラーはブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色で、価格は各88,000円。

READ MORE