FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

前澤友作氏が所有するバスキアの大作が約109億円で落札 「6年間お世話になりました」と一礼

May 21, 2022.大澤文Tokyo, JP
VIEW1434
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
バスキアの作品にお辞儀する前澤友作氏(前澤友作氏の公式ツイッターから)

前澤友作氏は5月19日、自身が所有するジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品が8,630万ドル(約109億円*)で落札されたとツイッターで発表した。

今回落札されたのは、幅約5メートルにも及ぶバスキアの大作「Untitled」(1982年)だ。前澤氏は、2016年にクリスティーズ・ニューヨークにてこの作品を約5,700万ドル(当時のレートで約62億円)で購入している。バスキアは、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)と並んでアメリカ美術を代表するアーティストである。薬物依存により27歳という若さで亡くなったが、死後には彼の生涯を描いた映画が制作されるなど、現在でも人気を集めている。

前澤氏は、「次のオーナーにも大切にされ、多くの方々に共有されることを願っています」とツイッターでコメント。20日には「6年間お世話になりました」というコメントと共に、前澤氏が作品の前で一礼する画像がアップされた。ツイッターでは、「予想を超える結果。すごい」「目利きだ!」などと6年での価値の跳ね上がりに驚きの声が広がっている。

*1ドル=127円換算(5月20日時点)

READ MORE