News
  • share with weibo

Japan|「オニツカタイガー」が70周年 コラボ第三弾は「クリスチャンダダ」デザイナー の森川マサノリ

Aug 21, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW66
  • share with weibo

「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」は今年、ブランド誕生70周年を記念して国内外で高い人気を誇るデザイナー7人とのスペシャルコラボレーションを展開する。第三弾となる今回は、「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」デザイナーの森川マサノリとのコラボレーションで、8月26日から発売する。服を「着る」というだけの概念にとらわれず、各個人のアイデンティティの一つの「ツール」として表現する「クリスチャンダダ」とのコラボレーションは、「 オニツカタイガー」のクラフツマンシップとDADAISM(既存のシステムへの否定)が絶妙に融合し、ラグジュアリーに表現されている。

シューズは、 アーカイブのランニングシューズをベースとした「レビラック ランナー(REBILAC RUNNER)」を使用し、 カラーは「クリスチャンダダ」のブランドカラーであるブラックを採用。 メッシュにレザーを組み合わせることで重厚感をもたらしている。履き口には、蛇が這っているかのようにシューレースをあしらうといった、DADAISMを感じさせるディテールをデザインに落とし込んだ。ユニセックス仕様で、価格は1万4000円。ジャケットは、 「オニツカタイガー」のアーバンスポーティな雰囲気はそのままに、ソフトな素材を用いて「クリスチャンダダ」の定番的な緩やかなフィットのシルエットに仕立てた。 また、 両脇にはベンチレーションを施し、機能性とデザイン性を兼備している。胸元とパンツのバックポケットの内側には、DADAISMの哲学でもあるステイトメントを記したラバーパッチを配した。ジャケットとパンツのカラーは、ブラックをはじめ、ダークトーンのグリーンとバーガンディーの全3色展開。こちらもユニセックスで、ジャケットが3万6000円、パンツは2万円。

READ MORE