News
  • share with weibo

Japan|「ベストジーニスト2019」は山本美月が受賞 「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔は今回の受賞で殿堂入り

Oct 15, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW160
  • share with weibo
「ベストジーニスト2019」を受賞した山本美月

日本ジーンズ協議会は2019年10月15日、第36回「ベストジーニスト2019」の受賞者を発表した。「ベストジーニスト」とは、ジーンズの良さを多くの方々に知ってもらうという趣旨で行なっているアワードで、今年で36回目の開催となる。1984年に開催された第1回目のベストジーニストには、郷ひろみと浅野ゆう子が選出された。「ベストジーニスト」には、“最もジーンズが似合う有名人”を一般から募集し、投票の集計結果により上位男女各1名が決定される「一般選出部門」と、日本ジーンズ協議会が推薦・選出する「協議会選出部門」、そして「次世代部門」の3つの部門があり、毎年1回選出・表彰される。

今回、「一般選出部門」では、モデルで女優の山本美月と「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔が選ばれた。中島裕翔は3年連続の受賞となり、殿堂入りした。今年は歴代最多の約42万票で、例年の2倍の投票数だった。山本美月は、「普段からジーンズを愛用しているので、8万に近い人が私のことを思って投票してくれたことが本当に嬉しい」と受賞の喜びを語った。中島裕翔は、「名誉ある賞を3年連続で取らせて頂き、感無量です」とコメントした。

「協議会選出部門」は、タレントの出川哲朗、女優の長谷川京子、女性ダンスボーカルグループのE-girlsが受賞した。出川哲朗は、「この賞と交わることはないと思っていたので、びっくりしています。全国のユニークな顔や体型をした芸能人に夢と希望を与えることができた」と笑顔でコメントした。長谷川京子は、「10代でモデルを始めて、女優もやってきたけど、今の年齢で受賞できたことを嬉しく思います。50代、60代になってもジーンズを格好良く履いていきたいと思います」とコメントした。

「次世代部門」は、女優の石橋静河とタレントでモデルの井出上漠が受賞した。

写真はすべて©日本ジーンズ協議会

一般選出部門上位10名投票数

【男性】
1 中島裕翔:126,853
2 ジェジュン:97,776
3 永瀬廉:24,646
4 高橋恭平:23,120
5 西島隆弘:21,324
6 正門良規:14,738
7 末澤誠也:13,041
8 増田貴久:11,945
9 森田美勇人:9,022
10 小瀧望:8,504

【女性】
1 山本美月:79,502
2 新木優子:62,204
3 今田美桜:25,595
4 石原さとみ:21,370
5 中条あやみ:17,630
6 新垣結衣:16,555
7 山本彩:12,320
8 白石麻衣:11,941
9 滝沢カレン:10,821
10 森星:10,131

READ MORE