FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「モンクレール」が世界に1着だけのダウンジャケットを作れるカスタムサービスをスタート 

Oct 11, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW272
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「モンクレール(MONCLER)」は、ブランド創業70周年を記念してモンクレールの会員に向けたパーソナライゼーションサービス「モンクレール・バイ・ミー(MONCLER BY ME)」を開始する。また「モンクレール」は、70周年を祝して、7人のデザイナーによって再構築された「モンクレール マヤ 70 ジャケット(Moncler Maya 70)」を10月1日にローンチした。ブランドのアイコンアイテムである「モンクレール マヤ」は、シーズンやトレンドに関係なく活躍するダウンジャケットで、力強いシルエットや取り外し可能なフード、そして調節可能な裾が特徴。「モンクレール マヤ 70 ジャケット」では、袖にブランドの特徴であるクラシックなパッチポケットを付属し、創業70周年記念の特別なロゴパッチをあしらっている。

「モンクレール・バイ・ミー」は、「モンクレール」のデジタルファーストというビジョンを具現化したもので、「モンクレール」のアイコニックなダウンジャケットのカラーやワンポイントロゴを自由にカスタムできるデジタルサービスである。会員ユーザーは、「モンクレール」とデジタル業界をリードするデベロッパーが共同で開発した最先端のプロセスによって、360度の映像と3D画像からジャケットを制作することができる。カスタマイズ可能なカラーバリエーションは、アイコニック、マウンテニアリング、パニナリ、70周年のスペシャルパレットの4つ、そして、柄は迷彩柄とアニマル柄の2つの店舗限定カラーが用意されている。さらに、胸元、袖、背中、そしてフォントのデザインをカスタマイズでき、ハートや星、雪の結晶などのシンボルもワンポイントで入れることが可能。完成したジャケットのデザインをウィッシュリストに保存することで、いつでもカスタムしたジャケットを見比べることができる。

「モンクレール・バイ・ミー」は、10月7日からヨーロッパ、イギリス、アメリカ、日本、韓国で展開がスタートされ、今後も順次他のアイテムが販売される。また、パリ・シャンゼリゼ通り店、ミラノ・モンテ・ナポレオーネ通り店、ニューヨーク・ソーホー店、東京・渋谷店、大阪・難波店の5つの「モンクレール」ブティックでは、パーソナライゼーション専用のエリアもオープンする予定。

 

READ MORE