News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

田中みな実が「ピーチジョン」2021年新ブランドミューズ発表会に登場 バストケアの秘訣も伝授

Jan 20, 2021.関根美紅Tokyo, JP
VIEW0
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ピーチジョン(PEACH JOHN)」は1月20日、2021年新ブランドミューズ発表会を開催し、新たにミューズに就任した田中みな実が登場した。また同日、キービジュアルでも着用している「ミラクルブラ」を発売した。

「ピーチジョン」の魅力を伝えるべく、これまで輝きに満ちた女性たちがつとめてきたブランドミューズだが、昨年末に同ブランドが行った「この人のバストになりたい有名人は?」というアンケート調査によると、2位と圧倒的な差をつけて田中みな実が1位であったという。

発表会ではまず、1990年代から現在に至るまでの「ピーチジョン」の歴史やバストメイクのトレンドを、田中の思い出とともに振り返った。2010年代は、「自然体の“スッピン感覚”」がバストメイクのトレンドであったという中で、田中は当時バストにコンプレックスがあったと明かした。バストを魅せる仕事をするようになって、そのコンプレックスから脱皮できたという。

そして、2021年の新たなバストメイクのトレンドとして、「“まるみ”の時代へ」を発表。今回新たに登場した「ミラクルブラ」は、まさに“まるみ”のあるバストメイクを徹底的にサポート。斜め下に厚みを持たせたモールドパッドで自然なまるいシルエットをメイクする。柔らかな樹脂を使用した「ミラクルグミワイヤー」でフレキシブルな動きに対応し、跡もつきにくく痛くなりにくい。また、ネットを使わず洗濯機で丸洗いが可能で、手入れが簡単というのもポイントだ。田中もこの「ミラクルブラ」について、締め付けがなく、ひとりひとりに合った“まるみ”を実現してくれる印象で、手入れが簡単なのも忙しい時にぴったりだ、と語った。

また今回のキービジュアルの撮影に向けて、田中はミューズらしさを表現するため、少しでもみずみずしく見えるような体づくりに努めたという。水分が多いものを中心に摂取したり、筋肉をつけすぎないようにトレーニングをしたり、さらに全身に化粧水を塗って、質感も綺麗に見えるようこだわったと話した。普段のバストの手入れについては、顔・首・デコルテ・バストまで一連でケアするのがポイントとのこと。「お顔がちょっと長くなったという気持ちでやっていただければ」とチャーミングに語った。キービジュアルは、生花に囲まれたベッドの上で撮影され、年末の寒い時期に外で撮影されたとは思えない、田中のあたたかな笑顔が魅力的だ。

発表会の最後には、「みな実」にかけて“まるみ”の魅力満載のPR文章373字を37秒で早口で読むチャレンジを行った。今回発売の「ミラクルブラ」の魅力を無事早口でPRし終えた田中には安堵の表情が見られ、「これから『ピーチジョン』のランジェリーの素晴らしさを一層みなさんに伝えていけたらいいなと思っています」と意気込み、発表会は幕を閉じた。

「ミラクルブラ」は「ピーチジョン」公式通販サイトおよび、全国のストアで販売している。

READ MORE