News
  • share with weibo

Japan|「ローズちゃん」人形も限定発売 資生堂と高島屋が「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展を開催

Aug 10, 2019.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW65
  • share with weibo

資生堂は、2019年9月18日から29日まで日本橋高島屋S.C.本館8階ホールにて、「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展を開催する。資生堂と高島屋の両社による展覧会は今回が初となり、日本橋高島屋を皮切りに、大阪、名古屋、京都、横浜の5店舗で同展覧会を開催する予定だ。

「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展は、資生堂の多様な「美」の世界を、「赤」、「花椿」、「広告」、「商品」、「山名文夫(やまなあやお)」、「セルジュ・ルタンス」、「時代とメークの変遷」、「香水瓶」などのテーマごとに分けて展示し、商業アートとしても評価の高い歴代のポスターをはじめ、ロングセラー商品の数々など、約500点を一堂に展示する。

期間中は、展覧会に加え、1階特設ショップでのオリジナルグッズの販売やイベントコーナーでのメイクアップ体験、8階レストラン「資生堂パーラー」でのスペシャルコースの提供など、展覧会と連動した「美」の世界を楽しむことができる。

1階特設ショップでは、高島屋のマスコットキャラクター「ローズちゃん」人形(2種)が、 山名文夫デザインのイラストをモチーフにした衣装を身にまとい、展覧会限定で初登場する。資生堂の商品と「ローズちゃん」人形がセットになった限定品もオリジナルトートバック付きで発売。

《展覧会の詳細》
1.「赤」
1897(明治30)年に資生堂初の化粧品として発売され「赤い水」として親しまれた「オイデルミン」。西洋薬学の処方に基づく科学的な化粧水であるとともに、容器のデザインでも評判になりました。本コーナーでは、ロングセラー商品となった、歴代の「オイデルミン」を展示します。

2.「花椿」
1937(昭和12)年以来化粧品だけではなく、ファッションやカルチャーなど幅広い情報を提供してきた雑誌「花椿」を約200冊展示します。

3.「広告」
時代を代表する女優を起用した華やかな広告(ポスター)を展示します。

4.「商品」
ロングセラー商品を中心に資生堂を代表する美しい商品パッケージを展示します。

5.「山名文夫」
「資生堂スタイル」と呼ばれる優雅な女性像をイラストで表現した山名文夫のデザインや原画を中心に展示します。

6.「セルジュ・ルタンス」
独特の世界観で見るものを魅了するフランスのクリエイター、セルジュ・ルタンスの世界をポスターと商品パッケージで紹介します。

7.「時代とメークの変遷」
資生堂の歴史を、時代のメークの変遷と共に紹介します。

8.「香水瓶」
その容器自体が芸術作品のような香水瓶を約100点展示します。

READ MORE