FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

トレンドは目立ってナンボなド派手なネイル!2021夏ネイル大全

Aug 24, 2021.山本凛Tokyo, JP
VIEW126
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

夏らしいことがなかなかできずパッとしない今年の夏に彩りを加える、とっておきのド派手ネイルが急増中だ。指先にスペシャルなネイルを施せば、視界に手が入るだけで気分が上がる。平日はリモートワーク、休日になってもお出かけが難しい今の時期は、裏を返せば誰の目も気にしないで自分好みのとっておきなネイルをするチャンスかもしれない。そんな2021年夏のネイルトレンドに迫る。

毎年夏の空気感が高まるにつれて街行く人のネイルも色とりどりになっていくものだが、今年はさらにすごい。ワンカラーネイルで人気なのは、なんといってもネオンカラーで、特に人気なのはイエローやグリーンなど、夏らしい爽やかな色合い。長めの爪に派手色のネイルは、さながらギャルブームの再来だ。素材感にこだわったメタリックやミラーネイルを見かける機会も増えた。ラメやグリッターが夏の日差しを受けて輝く様子はなんとも眩しい。キラキラしているとはいえ、単色ネイルなので控えめな色なら意外と派手ネイル初心者でも取り入れやすい。

色ではなく、柄で目立つという方法もある。そろそろ定番となりつつあるアニマルネイルは、牛柄が人気だ。シンプルにモノトーンでも可愛いし、カラーを取り入れても決まる。アニマルではないが、バタフライモチーフもアツい。バタフライモチーフにラメを織り交ぜたり、とびきりファンシーなデザインも今年なら挑戦できそうだ。モチーフを筆で描くタイプのネイルの中で最近多いのが、インディーネイルという全ての指に異なるデザインを施すものだ。落書きのようなざっくばらんなデザインが気取らない雰囲気で可愛い。あえてあまり関連性のないデザインをいっぺんにやることで、誰とも被らないネイルにすることができる。2000年代リバイバルの「Y2K」トレンドの波に乗って、ネイルもキッチュでキャッチーなデザインがじわじわと人気を呼んでいるのだ。

指先の利便性は度外視して、立体的なパーツを思い切りつけるのもキュートだ。パールやストーンをつけて大袈裟なくらいおめかししたゴージャスな指先は、どんなコーディネートでもドレッシーな気持ちにしてくれる。今年は立体感のあるネイルの中でも特にクリアのぷっくりしたデザインが大人気だ。透明のジェルネイルがぽってりとついている様子は、まるで指先に水滴がついているようで涼しげだ。その真骨頂とも言えるのがビリーアイリッシュのネイル。大きな宝石が指先に乗っているようなボリューム感で、もはやアート作品のようだ。

形のトレンドはバレリーナ型。先が細い台形のような形で、手を綺麗に見せてくれる効果がある。そして、今年になって急速に広まっているのがプレスオンネイル。いわゆるネイルチップのことで、繰り返し使えてコストが低く、取り外し可能なため利便性も抜群だ。ジェルネイルのように一度付けたら自分ではなかなか剥がせないわけではないので、お出かけの時だけアクセサリー感覚でつけられる。派手なネイルが流行っている今年の夏には必須のアイテムだ。

指先の小さなアートは日常をポップに色付けてくれる。お気にいりのネイルで残りの夏を楽しもう。

READ MORE