News
  • share with weibo

Japan|南極犬ぞり横断30周年を記念して「ザ・ノース・フェイス」がシンポジウム「シンク サウス フォー ザ ネクスト」を開催

Oct 21, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW98
  • share with weibo
南極を犬ぞりで横断する隊員たち

「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」は2019年11月10日、東京国際フォーラムでシンポジウム「シンク サウス フォー ザ ネクスト(THINK SOUTH FOR THE NEXT)」を開催する。今から30年前、日本を代表する冒険家の舟津圭三氏をはじめとする世界各国6名の冒険家が、環境と平和の重要性を訴える目的で世界初となる南極犬ぞり横断へと出発し、見事全員が約6,400kmを踏破した。「シンク サウス フォー ザ ネクスト」プロジェクトは、当時彼らが考え、世界に発信した現代社会の問題に改めて注目し、次世代へ継承していこうというプロジェクトだ。

この6名の冒険家が再集結し、トークイベントや当時の様子や彼らのエピソードが収められた歴史的にとても貴重かつ重要なドキュメンタリー映画「トランスアンタークティカ エクスペディション(Trans-Antarctica Expedition)」を日本初上映する。

このプロジェクトの取り組みの一環として、「ザ・ノース・フェイス」ブランドから環境に配慮した「シンク サウス フォー ザ ネクスト」特別モデルとして、トランスアンタークティカ パーカ、トランスアンタークティカ フリースジャケット、ショートスリーブトランスアンタークティカティーを11月15日より、
「ザ・ノース・フェイス」の一部店舗及びゴールドウインのオフィシャルオンラインストアで発売する。

【シンポジウム概要】
タイトル:「THINK SOUTH FOR THE NEXT」シンポジウム
日時:11月10日(日) 14時~17時 (受付開始:13:00~)
開催場所:東京国際フォーラム ホールB5
出演:(登壇者)ウィル・スティーガー氏(米国)、ジャン・ルイ=エチエンヌ氏(フランス)、ヴィクター・ボヤルスキー氏(ロシア)、チン・ダホ氏(中国)、ジェフ・サマーズ氏(英国)、舟津圭三氏(日本)
内容:14時~ドキュメンタリー映画「Trans-Antarctica Expedition」日本初上映/16時~トークイベント
入場料 :大人 2,000 円、高校生以下 1,000 円 (いずれも税込)
チケット :チケットぴあにて販売中
※来場者へトランスアンタークティカ記念バンダナと舟津圭三氏の著書をプレゼント
(数量には限りがあります)

【『THINK SOUTH FOR THE NEXT』プロジェクト概要】
プロジェクトタイトル: 『THINK SOUTH FOR THE NEXT』
主催:THINK SOUTH FOR THE NEXT実行委員会
(株式会社ゴールドウイン、株式会社DACホールディングス)
今から30年前の1989年7月27日、地球上で唯一国境をもたない大陸である南極で、環境と平和を訴えるメッセージ「THINK SOUTH」を胸に、犬ぞりによる初の南極大陸横断の冒険がスタート。メンバーは世界6カ国で編成された南極大陸横断国際隊。彼らは12月11日の南極点到達を経て1990年3月3日に約4,000マイル(約6,400キロメートル)を踏破し、無事全員がゴール。当時は多数のメディアがその偉業を取り上げると同時に、当時注目され始めた環境問題についても報道しました。
それから30年後の現在、南極の環境は地球温暖化の影響で彼らが犬ぞりで走ったラーセンB棚氷も消滅するなど、非常に深刻な状態となっています。本プロジェクトではこうした現状をより多くの人に発信し、環境問題とそれを守るための平和について考えるために設立されました。

READ MORE