News
  • share with weibo

Japan|アダストリアが業績予想を上方修正 純利益は前期比67%増の見込み

Dec 29, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW172
  • share with weibo
「ニコアンド上海(niko and ... SHANGHAI)」のオープニングに登壇したアダストリアの福田三千男代表取締役会長兼社長

アダストリアは2019年12月27日、2020年2月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は2230億円と従来予想から20億円引き下げたものの、連結純利益は従来予想より5億円引き上げ、前期比では67%増の65億円になる見通しだ。連結営業利益は前期比67%増の120億円と従来予想から20億円引き上げた。連結経常利益も前期比63%増の120億円と従来予想から20億円引き上げた。一部天候不順の影響があったものの、「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」、「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)などの前期苦戦した基幹ブランドの回復が確実なものとなり、「ニコアンド(niko and ...)」やその他ブランドの売上高も好調に推移し、業績に貢献した。

READ MORE