News
  • share with weibo

Japan|アダストリアが基幹ブランド復調で最高決算を射程に

Oct 5, 2019.久米川一郎Tokyo, JP
VIEW1075
  • share with weibo
主力ブランドのひとつ「ニコアンド」

2019年9月30日に公表されたアダストリアの第2四半期決算は、昨年同期に比べ大きく改善され、売上高1089億円(以下、1億円以下省略、前年比103.8%)、営業利益71億円(前年の2.6倍)、経常利益69億円(前年の2.5倍)、当期純利益44億円(前年の18.1倍)。2016年2月期にマークした史上最高決算(営業利益160億円、経常利益161億円、当期利益91億円)が射程に入って来た。なお中間期での通期決算の修正は行われていない。株価もこの9月30日を境にして上昇基調に入って来た。今年の年初来高値3000円の更新が目前だ。「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」などの基幹ブランドの復活が確実になったことが収益回復の最大要因だ。

オススメ記事:
Japan|スマートジャケットでリーバイ・ストラウス ジャパンの株価がストップ高
Japan|しまむらは復活しているのか?株価復調も「しまむら離れ」の懸念
Japan|成長の止まった「しまむら」と成長企業になった「ワークマン」
Japan|令和はアパレル大量閉店時代か?オンワードHDは600店閉店、「フォーエバー21」は全14店舗をクローズ
Japan|ZOZO前社長の前澤友作が新会社「株式会社スタートトゥデイ」を設立

READ MORE