News
  • share with weibo

Global|「シャネル」が初めて財務状況を公開、売上高は世界第2位

Oct 5, 2018.丁 雪晴Tokyo, JP
VIEW173
  • share with weibo

フランスのラグジュアリーブランド「CHANEL(シャネル)」が設立以来、今までトップシークレットにしてきた財務状況を初めて公開した。2017年の年間売上高は96.2億ドル(約1兆958億円*)に達し、為替レートの影響を除いて前年比11%増加、すべての地域における成長を実現した。営業利益は26.92億ドル(約3066億円*)になり、フリー・キャッシュ・フローは16.28億ドル(約1854億円*)になった。また、ロンドンで共同持株会社を設立し、企業の経営機能のほとんどがロンドンで行われると発表した。

今年初頭に「CHANEL」がLVMHグループに買収されるという噂が広がっていたが、今回財務状況を開示する理由は、世の中の臆測を一掃するためでもあるかもしれない。また、「CHANEL」がライバルである「Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)」の2017年売上高の約108億ドル(約1兆2303億円*)に迫り、世界第2位のラグジュアリーブランドであることが明らかになった。年間売上高に関して、世界第3位は「GUCCI(グッチ)」の約72億ドル(約8202億円*)で、その次が「Hermes(エルメス)」の約64億ドル(約7291億円*)と「PRADA(プラダ)」の約36億ドル(約4101億円*)だ。


*1ドル=113.92円換算(10月5日時点)

READ MORE