News
  • share with weibo

Japan|「コム デ ギャルソン」が「バカラ」に夢中な理由

Jun 13, 2019.橋本雅彦Tokyo, JP
VIEW114
  • share with weibo

「コム デ ギャルソン(Comme des Garçons)」がクリスタルブランドの「バカラ(Baccarat)」とコラボして、「クリスタライゼーション」と題したイベントを5月31日から6月28日まで同ブランド青山店で開催している。川久保玲によるインスタレーション展示や、グラスやTシャツなどコラボ商品が販売されている。「バカラ」のアイコンともいえる「アルクール」グラス(ボウル部分にドット、プレート部分に「コム デ ギャルソン」のロゴが入り4万6000円)など。

「コム デ ギャルソン」は従来でも「エイチ・アンド・エム(H&M)」「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」「エルメス(Hermes)」「ディズニー(Disney)」「アンダーカバー(Undercover)」「おそ松くん」「ビートルズ(The Beatles)」「クロムハーツ(Chrome Hearts)」などとコラボを行ってきたが、今回は「コム デ ギャルソン」サイドからの要請でコラボが実現したようだ。ギャルソンサイドがコラボにこれほど熱心になるのは珍しく、推理すればどうも創業デザイナーの川久保玲・社長がバカラのクリスタルを常用しているのではないかと思われる。今回のコラボはハンドルが8本ある「ルイ・ヴィトン」のハンドバッグのように「奇抜」なものはなく、実用性を重視したアイテムばかり。川久保社長は今回のコラボ商品も日常使いするのであろうか。

READ MORE