News
  • share with weibo

China|「アンダーカバー」ジョニオが香港のデモを支持する投稿 中国で「ナイキ」とのコラボが販売中止に

Jun 28, 2019.高村 学Beijing,CN
VIEW1369
  • share with weibo
「アンダーカバー」公式HP

「ナイキ(Nike)」が、中国で「アンダーカバー(UNDERCOVER)」とのコラボ商品の販売を中止したと、英「Finacial Times(フィナンシャルタイムス)」が6月26日に報じた。デザイナーである高橋盾が自身のInstagramに香港の「逃亡犯条例」の改正案を巡るデモを支持する投稿をしたことで、中国人から大きな反発が起きたためだ。「中国への引き渡し禁止」というスローガンを掲げる抗議者の写真を掲載したもので、「誤って投稿された個人の意見だ」と弁明し投稿はすでに削除されているが、波紋は広がっている。

今回の一件は、デザイナーや企業がこうした政治情勢や政治的リスクに対してどのようなスタンスでいるべきかという課題を浮き彫りにしている。もし自由に個人の意見を言いたいのであれば、「ナイキ」のような巨大多国籍企業とはコラボなどすべきではなかっただろう。

中国においては、2018年に「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」が人種差別発言が原因で、上海でのファッションショー「#DGTheGreatShow」が急遽中止になり、ブランドの商品はほぼ全ての中国ECサイトから締め出され、デザイナーのステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)とドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)が中国人に対して謝罪するという異常事態が起きたばかりだ。「バレンシアガ(Balenciaga)」も2018年にパリの店舗での乱闘騒ぎが発端で、中国全土で不買運動が起きた。

READ MORE