News
  • share with weibo

China | 「M.A.C.」が中国のモバイルゲームとコラボ、ゲーム業界もついにコスメ業界に参入か

Feb 25, 2019.呉ステファニーTokyo, JP
VIEW257
  • share with weibo

ゲーム業界もついにコスメ業界に参入か。今年1月、高級コスメブランド「マック(M.A.C.)」と騰訊控股(テンセント)のモバイルゲーム「Honor of Kings」が中国でコラボレーションし、登場人物に合わせたリップ5本を限定発売した。天猫(Tモール)と「マック」の公式ウェブサイト、そしてウィーチャット(WeChat)で予約を受け付けたところ、14,000以上の注文が入り、24時間以内で完売した。

コスメとゲームにはどういった相関関係があるのか? 今やインターネットはショッピングでもエンタメでもなんでも揃う非常に便利な空間であって、最近の中国では、ゲームに熱中する女性もファッションやメイクを楽しむようになった。ゲーム分析会社のニューズー(Newzoo)の2018年のレポートによると、一線都市*と二線都市*に住むゲーマーのうちの94%はゲーム内の有料アイテムに課金しており、さらにそのうちの女性の60%、男性の55%が化粧品やスキンケア商品を購入するという。これは、男性ゲーマーが自分の彼女に

簡単にプレゼントができるという利便性も意味している。そして今回、「マック」のキャンペーンで起用したモデルは中国のアイドルグループ「Rocket Girls 101」の11名のメンバーのうちの5名だ。「マック」は化粧品ファンだけでなく、今回のコラボレーションによって「Honor of Kings」のファンだけではなく「Rocket Girls 101」のファンからも注目されることになった。 こうしたコラボレーションをきっかけに、多くの企業がゲーム競技「eスポーツ」の可能性を認識するようになった。中国のWEBメディア「レディマックス(LadyMax)」に掲載された「マック」のマーケティング・ディレクター翁艳玲(ウォン・イェンリン)氏のインタビュー記事によると、女性ゲーマーがブランドについて頻繁に言及していることに気が付き、今回の企画がインスパイアされたという。

*中国では、政治経済の規模によって、主に都市を「一線都市」「二線都市」「三線都市」と分けている

READ MORE