BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

南青山スパイラルビルの右隣に完成したMA5ビルに注目せよ!

Oct 7, 2022.三浦彰Tokyo,JP
VIEW562
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
写真:セブツー

南青山のランドマークであるスパイラルビルの右隣に注目すべき12階建てのビルが8月末に完成した。まだビル名が正式には決まっていないのでMA5ビル(住所である南青山5丁目)と呼ばれている。地上12階の鉄骨造りで、3〜11階はオフィス棟ですでに入居企業は決定済みだ。1階と2階には店舗が入居する予定だ。

その入居企業で最も注目されているのは品川から本社を移転するバリュエンスホールディングス(東証グロース上場)だ。トータルで700坪の入居面積だ。設立は2011年12月だが、ブランド品買取の「なんぼや」、ユーズドブランド品販売の「ALLU(アリュー)」(東京:表参道、銀座、大阪:心斎橋の3店舗とオンラインストア)、不動産事業、ITビジネスなどその事業領域は年々広がっている。2021年8月期には売上高:525億1200万円(前年比+38.4%)、営業利益11億6900万円(同+85.2%)、経常利益9億7600万円(同+57.1%)、親会社株主に帰属する当期純利益7億2500万円(同+137.2%)をマークしている。

また創業者でCEOの嵜本晋輔(さきもとしんすけ)氏は元プロサッカー選手で、「キャプテン翼」の原作者高橋陽一氏が代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」に出資したり、日本発のダンスリーグD.LEAGUEへの参画を決定したり多彩な活動を行っている。この他、内装デザインの急成長企業ドラフト(東証グロース上場)も現在の原宿から本社をこのビルへ移転するようだ。

最も注目されるのは、このビル1、2階の店舗部分に店を構えるブランドだ。ファッションの街表参道の新ランドマークになるビルだけにどんなブランドが入居するのか大いに注目される。ただし、青山通りを挟んだ対面のAOビルに店を構えたファッションブランドには「ファッションの街」であるにもかかわらず華々しい実績を挙げているブランドがほとんどなく、今回もそこそこのブランドでは成功は難しそうだが、果たしてどんなブランドがオープンするのだろうか。

READ MORE