News
  • share with weibo

Japan|ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長がソフトバンクグループの社外取締役を退任

Dec 29, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW482
  • share with weibo

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が2019年12月31日付けでソフトバンクグループの社外取締役を退任する。退任理由は、「本業に専念するため」としている。柳井氏は2001年に同社の社外取締役に就任し、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長と親交が深いことで知られている。一方で、孫氏の積極的な投資や大型の買収に対しては慎重な姿勢を示すことも多かったという。ソフトバンクグループは今年11月13日、傘下のZホールディングスによるZOZOに対する株式公開買付(TOB)が成立し、同日付けで発行済み株式の50.1%を取得して連結子会社化し、さらに11月18日にはLINEと経営統合で基本合意した。

READ MORE