BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「フォーエバー21」がアダストリアと提携で日本再上陸 23年春にSCに出店し28年2月期に売上高100億円を目指す

Sep 21, 2022.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW480
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「フォーエバー21」の再上陸について説明するアダストリアの木村治社長(写真:セブツー)

アダストリアは9月21日、渋谷本社で「アダストリア FOREVER21再上陸発表会」を開催し、「フォーエバー21(Forever21)」を日本で展開すると発表した。「フォーエバー21」は、2009年に日本1号店をオープンしたが、2019年9月に日本から完全撤退していたため、今回は日本再上陸となる。発表会にはアダストリアの木村治社長、野田源太郎・クリエイティブディレクター、米国オーセンティック・ブランズ・グループ(以下、ABG社)のヴァイスプレジデントのケビン・サルターが登壇し、日本での展開について説明した。
アダストリアは2022年5月に設立した子会社の株式会社Gate Winが「フォーエバー21」のマスターライセンスを保有する伊藤忠商事とサブライセンス契約を締結し、2023年に春から展開を開始する。Gate Winはライセンス事業を専門に行う新会社で、アダストリアがこれまで手掛けていない事業を展開する。今後も海外の有力ブランドを取り扱っていき、アジアで事業展開することも視野に入れている。
「フォーエバー21」は、2020年にABG社が買収し、リブランディングに着手、現在は世界主要国で570以上の店舗とEコマースを展開している。木村治社長は「当社が運営するオンラインストアは人口の10人に1人が会員で、1400万人のビッグデータを持っていることが強みだ。さらに、30以上のブランドをゼロから立ち上げ成長させてきたノウハウがある。これをフォーエバー21にも掛け合わせ、成長スピードを加速させる。韓国のエーランドを上陸させるなど、海外ブランドの日本展開の成功事例も持っている。無駄なものを作らず、大量生産・大量消費のイメージから脱却して、現在の日本のマーケットにローカライズしたファッションを届ける」と、同社が「フォーエバー21」の日本再上陸を手掛ける理由について説明した。
「フォーエバー21」は、アダストリアグループの公式オンラインストア「ドットSTA(.st)」で販売を開始し、関東と関西の郊外ショッピングセンターを中心に出店していく予定だ。2028年2月期に売上高100億円を目指す。

READ MORE