News
  • share with weibo

Japan|令和はアパレル大量閉店時代か?オンワードHDは600店閉店、「フォーエバー21」は全14店舗をクローズ

Oct 4, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW9586
  • share with weibo
2018年の事業戦略発表会で登壇するオンワード樫山の大澤道雄社長

オンワードホールディングスは2019年10月3日、2020年2月期の業績予想を大幅に下方修正した。営業利益は55億円から12億円に引き下げ、55億円の黒字を見込んでいた純損益は240億円の赤字に引き下げた。約600店舗もの大量閉店に伴う減損損失約220億円が業績に響いた。

令和に入ってから、店舗閉鎖のニュースが続いている。フランスのコレクションブランド「ランバン(LANVIN)」は、本国出資100%のランバンジャパンが8月15日に解散したことに伴い、同社が手掛ける銀座店を7月末にクローズした。ファストファッションブランド「フォーエバー21(FOREVER 21)」は、日本からの撤退に伴い、新宿や渋谷の全14店舗を10月末でクローズする。伊勢丹は、9月30日をもって相模原店と府中店の営業を終了した。令和は、アパレル業界にとってこのまま大量閉店時代となってしまうのか?

関連記事:

Japan|オンワードはなぜここまで追い詰められたのか?<前編>

Japan|オンワードHDが韓国から撤退 「オープニングセレモニー」は閉鎖

Japan|オンワードHDが600店閉店!本当に困るのはどこだ?

Japan|スマートジャケットでリーバイ・ストラウス ジャパンの株価がストップ高

Japan|少子高齢化と大廃業で苦悶するアパレル市場

オススメの記事:

Japan|しまむらは復活しているのか?株価復調も「しまむら離れ」の懸念 しまらーはいずこに?

Japan|サンモトヤマが約9億7150万円の負債で破産手続き開始 苦境続いていた銀座の老舗がついに自己破産

Japan|伊勢丹新宿店の店長も元ラグビー部 伊勢丹屋上でラグビーワールドカップのパブリックビューイング開催

India|「ユニクロ」のインド1号店がニューデリーにオープン 年内に3店舗体制でインド市場に本格参入

READ MORE