BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

コーセーが高校生に向けた教育講座を開催 将来のキャリア形成を考える場を提供

Sep 29, 2022.岩見光Tokyo,JP
VIEW71
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

コーセーは、社会で活躍する次世代を担う高校生に向けて、化粧品や美容に関する講座を開催した。本講座は、モーンガータとエフアイシーシーが共同で推進するプロジェクト「COLOR Again」に協力したもので、一人ひとりの可能性や多様性を尊重し合える社会を目指し、次世代を担う若者を支援することを目的としている。

コーセーは、中期ビジョン「VISION 2026」の中で、グローバル(Global)・ジェネレーション(Generation)・ジェンダー(Gender)のそれぞれの頭文字をとった3つのGを、新たな事業の拡大領域とし、性別や年齢に捉われない、アダプタビリティの考えに基づく取り組みを強化している。また、「サステナビリティ プラン」では、次世代への教育啓発活動に積極的に取り組むことを掲げており、普段の生活や学校では知ることのできない新たな気づきや学びを得ることができる場を提供することで、次世代を担う若者を支援している。

本講座は、8月29日と9月26日の2日間で実施され、渋谷教育学園渋谷中学高等学校の生徒(高校1、2年生の11名)が参加した。第1回目は、メイクアップ製品を扱う研究員から化粧品の種類や使用目的に加え、コーセーの研究領域や成分、製造方法、評価方法などの解説が行われた。第2回目は、取締役で商品開発部長の堀田昌宏氏が、サステナビリティやアダプタビリティに着目した商品開発の事例やサステナビリティ推進、将来のキャリア形成などについて回答した。また、堀田氏と高校生間で今後の化粧品業界や化粧品開発に関する意見交換やディスカッションが行われた。

現在、コーセーは、「美しい知恵 人へ、地球へ。」をサステナビリティ指針とし、人と地球の2つの側面から社会に貢献する活動を行なっている。コーセーの「ジェネレーション」に対する取り組みとして、キッザニア東京にビューティースタジオを出展する他、幼保施設を拠点に子供のスキンケアの習慣化を目指した実証実験などがある。今後も、コーセーは、人への活動として、新たな気づきや学びにつながる本講座など、次世代への教育支援に取り組んでいく予定だ。また、本来女性のみに限定していたが、女性以外にも事業領域を拡大する。

READ MORE