News
  • share with weibo

Japan|ワールドとゴードン・ブラザーズ・ジャパンの合弁会社設立でオフプライスストア業態を開発

Aug 9, 2019.伊東花歩Tokyo, JP
VIEW71
  • share with weibo

ワールドとゴードン・ブラザー ズ・ジャパン(以下GBJ)は、8月1日に共同出資の新合弁会社アンドブリッジを設立した。ワールドグループの店舗運営、品揃えなどの小売ノウハウと、GBJ の商品調達力を掛け合わせ、ファッション産業で新たな循環を創る新しいオフプライスストア業態を開発する。9月中旬に「アンドブリッジ(&Bridge)」1号店を埼玉県さいたま市に出店し、その後順次出店エリアを拡大予定で、EC店舗の出店も視野に入れている。

オフプライスストアとは、余剰在庫を定価より低い値段で販売する業態のことで、ファッション産業における余剰在庫や商品廃棄の課題解決法として注目されている。米国では日本よりも既に拡大が進んでいる。アウトレットとの違いは、強いてあげるとアウトレットはメーカー主導で、アウトレット用に廉価版の新作が作られるが、オフプライスストアは小売店が行うもので、新作は作られない。どちらもブランドの売れ残り品やシーズン外のものなどを扱っており、大きな差はなくなってきているのが現状である。

GBJは長年アパレルに特化したサービスを展開しており、世界の大手アパレル企業のパートナーとして、在庫管理計画の立案と実施および流通販路の最適化などを行ってきた会社であり、その特性を新会社に活かしていく。ファッション産業における余剰在庫や商品廃棄の課題に大きな社会的関心が集まる中で、この合併会社設立により、産業プラットフォームとしてのオフプライスストア業態を開発し、過剰となった衣料品を魅力的な価格で提供することで、余剰在庫や商品廃棄の課題に取り組んでいく。

READ MORE