FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「バーバリー」リカルド・ティッシの後継にダニエル・リーが就任

Sep 29, 2022.岡本湧Tokyo,JP
VIEW170
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ダニエル・リー

「バーバリー(BURBERRY)」は、2023年春夏コレクションを最後に辞任するチーフ・クリエイティブ・オフィサー(以下CCO)のリカルド・ティッシに代わり、2018年から2021年まで「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」でクリエイティブ・ディレクターを務めたダニエル・リーが着任すると発表した。

前CCOのリカルド・ティッシによる約5年のクリエイティビティは、「バーバリー」のブランドイメージを刷新し、新しいヴィジュアルアイデンティティの導入やトーマス・バーバリーモノグラムの復刻など、多様でトレンドに敏感な新たな顧客層へのリーチに貢献した。9月28日に行われた最後のコレクションでは「英国のビーチ」をテーマに、開放的で多様性のある「バーバリー」らしさを表現して、キャリアに幕を閉じた。

10月3日から新CCOとなるダニエル・リーは、英国ブラッドフォード出身の36歳。セントラル・セント・マーチンを卒業後、2012年に「セリーヌ(CELINE)」のプレタポルテ デザインのディレクターを務め、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」などビッグメゾンでキャリアを積んできた。「ボッテガ・ヴェネタ」再建の立役者であるダニエル・リーの新「バーバリー」は、2023年2月に行われるロンドン・ファッションウィークでお披露目になる予定だ。

今回の就任についてリーは「CCOとしてバーバリーに加わることを光栄に思います。チームと一緒にこの英国の伝説的なラグジュアリーブランドのエキサイティングな次章を共に作っていけること、バーバリーの伝統を継承できること、そしてリカルドのレガシーを受け継いでいけることに心が高ぶります。先駆的なクリエイティビティを擁護し、私にインスピレーションを与え続けているロンドンに戻ってくることができて、とても嬉しく思います」とコメントした。

READ MORE