FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「カルティエ」が国際女性デーに2025年大阪・関西万博「ウーマンズ パビリオン」出展を発表

Mar 9, 2023.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW12
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

国際女性デーである3月8日に、カルティエジャパンが2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場にて、「ウーマンズ パビリオン イン コラボレーション ウィズ カルティエ(in collaboration with Cartier)」を出展すると発表した。

「ウーマンズ パビリオン」は、2020年ドバイ国際博覧会の「ウーマンズ パビリオン」の名称と意志を引き継ぎ、いのち輝く未来のためにすべての人々が平等で、尊敬し合い、それぞれの能力を発揮できるよりよい世界をデザインすることを目指す。本パビリオンでは、世界の女性に寄り添い、女性たちの体験や視点を通して、公平で持続可能な未来を志すことを来場者に呼びかける。カルティエジャパンは、「創設以来、カルティエは自分らしく生きる女性に寄り添ってきた。今を生きる女性の視点から、世界の課題に向き合い、語り合い、新しい世界を作りだす、ジェンダーに関わらずすべての人々が平等に生き、尊敬し合い、ともに生き、ともに輝く未来を、このパビリオンから生みだしたいと考える」とコメントした。

パビリオン建築では、リード アーキテクトに建築家の永山裕子氏が就任。永山氏が設計した2020年ドバイ国際博覧会の日本館で使用されたファサード資材が、本パビリオンでリユースされ引き継がれる。

本パビリオンでの体験を通じて、来場者に学びや気づきを与え、大阪・関西万博の魅力の一つとして欠かせないものとなるよう、検討を進めていくとのことだ。

READ MORE