FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ラルフ ローレン」のスーツで登壇!井上尚弥とフルトンの無敗同士のタイトルマッチはこれまでにないIQ・技術戦の予感

Mar 7, 2023.高村 学Tokyo,JP
VIEW157
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

昨年12月にバンタム級での世界タイトル4団体統一を果たした井上尚弥が、5月7日に神奈川県の横浜アリーナで世界ボクシング評議会(WBC)、世界ボクシング機構(WBO)スーパーバンタム級の2団体統一王者のスティーブン・フルトン(Stephen Fulton、米国)とタイトルマッチを行うことが正式に発表された。開催地の横浜は井上尚弥が所属する大橋ボクシングジムの地元でもある。

3月6日に開催された記者会見には、木村拓哉から贈られたという「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」の縦縞のスーツを着用して登壇した。縦縞といえば、天下統一を果たした徳川家康が好んで着ていた着物の柄として知られているが、2階級での4団体統一を目指す井上尚弥に相応しい一着だ。

対戦相手のフルトンは21戦全勝(8KO)で、長いリーチを活かしてジャブを突き、時にはクリンチで相手の距離を潰すスタイルで無敗記録を更新してきた選手だ。リーチと身長は井上尚弥を上回るものの、一発の怖さはない。フルトンの過去の試合映像を見ると、不用意なジャブで相手の右カウンターを被弾することがあり、このあたりが勝負の鍵になってくるのではないだろうか。

そして、井上尚弥のパンチは居合い抜きのようなスピードと切れだが、相手選手の耐久力も上がるこの階級でどこまで通用するかも気になるところだ。これまでも井上尚弥は「相手が気を抜く瞬間がわかる。その瞬間を狙ってパンチを打ち込んでいる」と話しているが、モンスター相手にフルトンがそういった隙を一瞬でも見せるかどうか。いずれにしろ、これまでにないレベルのIQ・技術戦が見られるのではないだろうか。

フルトンに勝利すれば、スーパーバンタム級への転級初戦で4階級制覇となる。早ければ年内にも4団体統一戦が見えてくる。「自分は期待とかプレッシャーを力に変えることができる、だからこそ想像を超える戦いを常にしたい」と語っていた井上尚弥が地元横浜でどんな戦いを見せてくれるか、大いに期待したい。

READ MORE