FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アルペントーキョー」がサッカー日本代表ユニフォームの売り上げランキングを発表!第1位はあの選手

Nov 27, 2022.三澤さくらTokyo, JP
VIEW629
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

カタールで開催中の「2022 FIFA ワールドカップ」で、優勝候補で強豪ドイツ代表との初戦に臨んだ日本代表は大方の予想を覆して2-1で逆転勝ちし、決勝トーナメント出場へ駒を進めるための勝ち点3点をもぎ取った。ドイツにリードを許した前半だったが、後半に投入した堂安律と浅野拓磨がゴールを決め、森保ジャパンの采配が大当たりして大金星となった。いよいよ日本時間の今日11月27日19時から第2戦のコスタリカ戦がキックオクだ。コスタリカは最新のFIFAランキングでは31位で、日本は24位、国際親善試合で過去4回対戦して3勝1分0敗と日本は無敗だが、公式戦で対戦するのは今回が初めてとなる。コスタリカは初戦のスペイン戦で0-7と大敗を喫しており、勢いに乗る日本代表に分がありそうだが、酒井宏樹と冨安健洋が初戦のドイツ戦で負傷し、出場に不安を抱えている。森保監督がどんな采配で、そして選手たちがどんなプレイでコスタリカに白星をあげることができるか、大いに注目だ。

日本の歴史的勝利で、日本代表ユニフォームも売れ行きが好調だ。ドイツ戦の翌日には、 「アルペントーキョー(Alpen TOKYO)」で日本代表ユニフォームの売り上げは前週と比較して約6倍に増加した。「アルペントーキョー」では好きな選手の背番号をユニフォームに圧着することができる。日本代表ユニフォームの人気売り上げランキングは1位は久保建英選手、2位は三苫薫選手、3位は鎌田大地選手、4位は南野拓実選手となっている。他にもドイツ戦で活躍した堂安律選手や浅野拓磨選手のユニフォームなどは特に注文が増加し、売り切れになる選手も続出している。「アルペントーキョー」はさらに盛り上がるであろう11月27日に行われる対コスタリカ戦に向けて、ユニフォームと充実した応援グッズのラインナップを揃えている。

コスタリカ戦に向けて、森保一監督は「出た結果に、一喜一憂しすぎないということは言い続けている。次の試合に向けて最善の準備をするということが、これまでやってきたことなので。当たり前のことをしっかり、試合に向けて準備できるようにしていきたい」とコメントしている。

READ MORE