FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東京・銀座に「ナイキ」がランニングのための新拠点をオープン 「皇居ラン」のコミュニティ目指す

Dec 8, 2023.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW209
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
撮影:セブツー

「ナイキ(NIKE)は12月8日、東京・銀座にコンセプトストア「ナイキ ギンザ(NIKE GINZA)」をオープンした。「ナイキ ギンザ」はランニングをコンセプトにした店舗で、1階から3階の3フロア構成で1210平方メートルの大型店。

1階には、メンズとウィメンズのランニングアパレルとフットウェアが展開する。さらに、「ナイキ ランナーズ ハブ(NIKE RUNNER’S HUB)」が設置され、ランニング時に荷物を預けられるクロークサービスや「ナイキ」の最新シューズのトライアルサービスなどを提供していく。事前予約・抽選制で毎週、ランニングのセッションも行っていく。

2階は、ウィメンズのライフスタイルとトレーニングアパレルとフットウェア、そしてキッズのアパレルとフットウェアを展開する。3階はメンズのライフスタイルとトレーニングアパレルとフットウェア、そして「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」を展開する。

外堀通り沿いに面した「ナイキ ギンザ」は皇居からもほど近く、いわゆる「皇居ランナー」と呼ばれるランナーたちとのコミュニティ活動を通じて銀座に根差した店を目指す。皇居外周路は信号がないため赤信号で足止めされることがなく、警察官が常に警備をしているエリアのため安全であるという理由から、多い日では1万人のランナーが走っていると言われている。また、コロナ禍以降、健康のためにジョギングを始めるランナーも増加傾向にあり、「ナイキ」は銀座を拠点にランニング領域をさらに強化していく。

READ MORE