News
  • share with weibo

China|「ドルチェ&ガッバーナ」が人種差別発言で、上海で今夜開催予定のショーが急遽中止

Nov 21, 2018.丁 雪晴Shanghai, CN
VIEW425
  • share with weibo

11月21日の今夜、イタリアのファッションブランド「Dolce&Gabbana(ドルチェ & ガッバーナ)」が中国上海で行う予定だった「#DGTheGreatShow」と題するファッションショーが中止に追い込まれた。その理由は、「Dolce&Gabbana」が中国人への人種差別と取られかねない内容を含むキャンペーンを公開したところ、中国のインターネット上で炎上し、その後さらにデザイナーのStefano Gabbana(ステファノ・ガッバーナ)が自身のInstagramのダイレクトメッセージで中国を侮辱するような発言をしたことが発覚した。対話の内容がインターネット上に即座に広がり、今夜のショーに参加予定だった中国のセレブやモデルたちが続々と非難しショーへの不参加を表明した。

問題となったのは、中国人モデルが箸でイタリア料理を食べようとしているキャンペーン動画だ。この動画は中国のWeiboに投稿されてから24時間以内に取り消されたが、Instagramの公式アカウントとデザイナーの個人アカウントには残したままで、投稿の内容を非難するコメントが数多く見られる。現在、中国のSNSでは、「Dolce&Gabbana」を非難する投稿で炎上しており、ほぼ全ての投稿に「#BoycottDG」のタグが付けられている。ブランド側は、Instagramの公式アカウントとデザイナーの個人アカウントがハッキングされたとの声明を発表し、「中国と中国文化を愛し、尊敬している」と謝罪した。

READ MORE