BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

対談連載「あの人は今!?」FILE1 ドン小西 ドン小西が語る コロナ禍をやり過ごす私の生き方(その4)

Jul 30, 2021.三浦彰Tokyo, JP
VIEW236
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

三浦:今お仕事、デザイン活動の方はどんな感じなんですか?
小西:僕はね、自分でやって儲けていますよ。例えばいろんな人が放っておかないから僕を。知名度もあるし。担ぎ込まれて、いや担がれて、テレビショッピングとか、そういうところなんかも7年くらいいたんだけど、俺がこれ今やっちゃまずいだろうなんて仕事もあってね。売れ筋をやるんだったら現役の時にやっとかなきゃいけないよね。いくらでも儲けられたんだから。それもなんだかなあと思ってやめちゃった。で今はオーダーだけに絞ったんだよ。オーダーメイド・ファッション。

三浦:メンズ?
小西:レディスもメンズもやります。オーダーメイドで営業はしない。人の紹介でしかやらない。それできっちりいいものを作らせてもらっている。だから安いのも作るけど、僕に60万、70万円のスーツを託してくれるってのはデザイナー冥利に尽きますよね。 あとはタレント活動もね。まだちょっとだけど色々仕事が来ているんですけれども、それは続けさせていただく。最近はトークショーとか講演はあまりないんだけど。

三浦:そんなもんですか?
小西:儲けているもうひとつの大きな要素っていうのは実はインテリアがあるのね。それと、リフォーム。そういうのが多い。

三浦:リフォーム?
小西:中古物件を買ったけどホテル並みにしてくれとか、カラーやりなおしてくれとか。

三浦:どこかと組んでいるんですか?内装の会社とか?
小西:色々とね、ハウジング会社も話はいくつもあるの。でもね、安いオウチをうろうろすると、また洋服と一緒になっちゃうわけよ。いいものを作ろうとしているのに、テレビショッピングとかの仕事が飛んでくるわけでしょ。それはね、もうやってもしょうがないの。数売るものとかに僕はあっていないと思うんだよね。だから僕だからやってくれっていう人もいっぱいいるんですよ。だからそういうのを今大事だと思っている。例えば今ビルの改築をやっているの。かなり大きなビルで、その外装から 玄関から各フロアの内装まで。

三浦:どこですか?都内ですか?
小西:都内じゃない。でもやっぱり単価は大きいよね。洋服と違って、億単位になるわけじゃないですか。やりがいがありますよね。

三浦:すごいなあ。設計図引くの?
小西:いや、製図をする感覚はないけれど、製図できるって人はいっぱいいるんだよ。そこに目をつけたわけ。僕の軽井沢の別荘の設計を一級建築士に最初にちょっとやらせたりすると、図面は引けるんだけど全くセンスもなけりゃ、勉強もしてないし、利便性も悪くて、こいつらは一級建築士とかのライセンスは持ってるんだけど、なんでこんなにダサいんだろうと思ったのよ。だから僕はそういう人たちと組んでああだこうだと考えてさ。洋服と一緒だよね。ここの材質はこうでああでとかね。もうファッションと一緒。僕の得意中の得意だね。それで家具も作っちゃう。

三浦:当然色も。
小西:もちろんもちろん。で、最初の仕事、高級ホテルっぽくやったんですよ。そうしたらオーナーに呼ばれた。「素晴らしいのはわかるんですけど、これをドン先生に頼まなくても、うちの関係でもこの辺はできる人いるんです」って少しやり始めてから言われたんです よ。ちょっとショックだった。で、すっごく燃えてきた。ちくしょう。「わかりました」って言って、そこからタイル屋から建材屋なんて全部回って、木材の展示会までは行かないけれど、建材屋の展示会なんかはくまなく行った。それで完成させました。

三浦:その作品ってどこにあるんですか。
小西:軽井沢にいくつかあるよ。だから僕の友人なんかでもさ、誰とは言わないけどアパレル系の社長のウチなんかもやっているけど、一番わかりやすいよね、そういう人たちが喜ぶのって。他にはないものを作って欲しいんだよね。結構凄いですよ。

三浦:周辺住民からクレームがあった楳図かずおの家じゃないですけど(笑) 。
小西:オーナーの意見を聞きながら作るわけで、派手ならいいってもんじゃないんでね。結構利便性もコストも考えて、もしそういうご要望ありましたら、是非やらせて欲しい。 地方では地方なりの、いわゆる業者を使えばいいわけで、最後の清掃は清掃会社もいるし屋根屋もいるし、ペンキ屋もいるし、大工もいるし、建具屋もいるし。そういう方々を使いながら指示を出して進めていく。そこから私が少し頂ければいいと思う。変なところに頼むよりは個性的なものが出来てるって喜ばれているし。

三浦:それはBy小西良幸って?
小西:今プレートを作っています。僕がリノベーションしたところには、「リノベーテッドByドン小西」って。

三浦:ドン小西なんですね。
小西:それを必ず玄関にゼッタイ取れないように埋め込ませてもらっています。
三浦:ゼッタイ取れないっていうのがいいですね(笑)。

(8月6日金曜日アップ予定の第5回に続く)

READ MORE