News
  • share with weibo

China|中国ローカル・コスメティック・ブランドが新しい時代を迎える

Oct 26, 2018.丁 雪晴Beijing, CN
VIEW1459
  • share with weibo
PERFECT DIARY公式サイト

中国の若い女性消費者のコスメティック製品に対する熱意が年々増加している。これまでにも韓国と日本のファッショントレンドに影響を受けてきたが、現代では欧米に留学した人達が欧米の美容情報を持ち帰り、中国に広めている。海外ブランドの輸入はローカルブランドの発展に刺激を与え、中国のコスメティック市場における競争はますます熱くなっている。オンラインショッピングの普及は、伝統的なリアル店舗で販売するブランドより、ECサイトで生まれてオンラインだけで販売するブランドも誕生させている。中国のSNSのRED(レッド)やWeibo(ウェイボー)などでは、「彩粧試色」(新作メイクアップアイテムを試す様子)のタグをつけた投稿が爆発的に人気がある。中国で一番規模が大きいECサイトのT-mall(Tモール)で、「国貨の光」(中国ローカルブランドを意味する)と呼ばれるブランドがリアル店舗やメディア宣伝などを使わずにECで販売し、SNSで口コミを広げることによって人気を集めている。

代表的なブランドの「PERFECT DIARY(パーフェクト・ダイアリー)」は、T-mallだけでリキッドファンデーション(約1300円*)を118万個、9色アイシャドウパレット(約1600円*)を45万個も売り上げた。「Marie Dalgar(マリー・ダルガー)」のアイブロウペンシル(約760円*)は189万個売れ、リキッドアイライナー(約940円*)の販売数は165万個に達した。これらのブランドが売れた理由は、「紅葉粧」「偏光色」「人魚姫」など最近の中国の消費者に好まれるキーワードを商品に取り入れ、最旬のトレンドに合わせていち早く新製品を発売しているからだ。また、海外ブランドの約4分の1の価格で入手できるのも人気の理由。ラグジュアリーブランドのアイテムを1個買うより、ローカルブランドの同じアイテムを全色揃えるという人がいるのだろう。

ローカルブランドの普及により、中国の消費者の“国産”に対する意識が一気に変わった。研究開発なども全て現地で行うため、市場のトレンドの変化に敏速に対応でき、消費者の手に届くまでの期間も短い。コスメティック市場の拡張スピードは緩めているにもかかわらず、海外ブランドとローカルブランドの競争はしばらく落ち着かないのが現状だ。これから中国にどんな新ブランドが誕生するのか、注目したい。


*1中国元=
16.12円換算(2018年10月26日時点)

READ MORE