News
  • share with weibo

Japan|資生堂の魚谷雅彦社長が再任 2024年まで続投し企業価値のさらなる向上を目指す

Sep 27, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW181
  • share with weibo

資生堂は2019年9月26日、現社長である魚谷雅彦氏を再任したと発表した。再任後の執行役員としての任期は、2020年から2024年までの5年間。魚谷社長は、中期経営計画「VISION 2020」の前倒し達成、および「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」の実現に向けた改革を推進するリーダーシップやコーポレートガバナンスを尊重してきた。企業ミッションである「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD」の実現に向け、さらなるグローバル化を加速するための成長戦略を策定、実行していく難易度を考慮し、魚谷社長の任期を継続することが最良な選択であると判断され、再任が決定した。また、魚谷社長は今後の任期において後継者の育成などを実行し、経営を引き継ぐことができる状態まで導いていくことになる。このサクセッションプランを実行するうえで必要な期間を確保するため、再任後の任期は2020年から2024年までの5年間になった。今後、魚谷社長は中長期的な企業価値のさらなる向上を目指した経営を主導すると同時に、サクセッションプランを通じ、後継者を育成、選定することにも努めていく。

READ MORE