BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

タカキューが「セマンティックデザイン」全13店舗を含む29店舗を今期閉鎖

Oct 20, 2022.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW1429
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
タカキューは10月5日、債務超過を解消するため不採算店舗を整理すると発表した。2022年8月末までに退店した3店舗に加えて、2023年8月末までに「セマンティックデザイン(semanticdesign)」全13店舗を含めた合計29店舗を閉鎖する。当初は9店舗の閉鎖を計画していたが、20店舗の追加閉鎖となった。タカキューは2020年からの3年間で、運営する全店舗の約45%にあたる136店舗を閉鎖していた。「セマンティックデザイン」は丸屋秀之がクリエイティブ・ディレクターを務めており、イオンモール内で店舗を展開している。
 
タカキューの2023年2月期の上期は、売上高は57億1600万円(前年同期比4.7%増)、営業利益は7億2400万円(前年同期は12億7900万円の赤字)、当期純利益は7億1300万円の赤字(同12億9400万円の赤字)となり、15億7500万円の債務超過に陥っている。タカキューは、本社を2フロアから1フロアに集約するなど、債務超過の解消に向けてコスト削減策を実施していく。
 
 

READ MORE