News
  • share with weibo

Japan|ゾゾの2019年4〜12月期の純利益が11%減 株価は大幅安

Feb 3, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW434
  • share with weibo
ZOZOの澤田宏太郎社長 Photo:Manabu Takamura

ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは2020年1月31日、2019年4〜12月期の連結決算を発表した。売上高は918億円(前年比2%増)と増収だったものの、営業利益は193億円(同6%減)、純利益は121億円(同11%減)と減益となった。暖冬で冬物商品の販売が苦戦し、人件費も膨らんだことが影響した。さらに、PGAツアートーナメント「ゾゾ チャンピオンシップ」や「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」に関わる費用もかさんだ。

決算発表後の2月3日には株価が一時1500円を割り込んだ。昨年6月に無料サイズ計測サービス「ゾゾマット(ZOZOMAT)」を発表した際には久方ぶりに2000円台をつけ、11月13日には2585円まで回復したものの、その後じわじわと株価は下がり、決算発表後に大幅安となった。

READ MORE