News
  • share with weibo

Japan|ゾゾが中国に再上陸 中国版通販サイト「ゾゾ」がスタート 177ショップが出店

Dec 11, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW183
  • share with weibo

ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するゾゾ(ZOZO)は、12月10日に中国版「ゾゾタウン」となる「ゾゾ」のサービス提供を開始した。現在「ゾゾタウン」に出店中のショップから、「アダムエロペ(ADAM ET ROPE')」、「チャオパニック(CIAOPANIC)」、「エルエイチピー(L.H.P)」など全177ショップが出店し、今後も追加していく予定。また、「ゾゾ」は商品の販売だけではなく、「ファッションメディアEC」として、コーディネート情報や日本のファッション文化の発信を通して、商品の魅力を訴求していく。ゾゾグループが運営するファッションコーディネートアプリ「ウェア(WEAR)」の機能を活かし、「ウェア」に蓄積されたユーザーによる等身大のコーディネート投稿や着こなしのコツなどを発信し、商品の購入につなげる。商品は国内の物流センターである「ゾゾベース(ZOZOBASE)」から中国へ越境発送されるため、日本での「ゾゾタウン」出店時と同率の販売代行手数料で販売市場を拡大することができる。越境ECに関する一連の法律や政策などに定められた条件をゾゾがクリアすることで、出店ショップの負担となる参入障壁を解消する。中国での主要決済手段の導入やシステム開発、商標登録支援などにより、中国での販売をサポートする。

中国国内に現地法人「上海走走信息科技公司(Shanghai ZOZO Co., Ltd.)」を置き、メディア編集や翻訳などの業務をはじめ、日本国内から中国への配送や通関などECで商品が注文されてからユーザーに届けるまでに必要な一連の業務、カスタマーサポート業務などの中国での販売に必要なすべての作業をサポートする。これにより、出店ショップは追加のコストをかけずに、中国へのスピーディーな販路拡大が可能になる。

ゾゾは2011年10月にも中国向けのECサイトを展開しているが、2013年1月にクローズ。それから約7年が経ち、現在の中国におけるファッション小売市場は、市場規模、EC化率などにおいて、目覚しく成長しており、一人あたりの年間ファッション消費額も当時と比較して約4倍に成長している。また、近年中国メディアで日本のファッション文化を紹介する記事も多く確認されており、中国の消費者が日本のファッション文化に関心を高めていることが読み取れる。「ゾゾタウン」出店ショップの販売市場拡大と、中国におけるブランド認知度ならびに売上の向上を目指しながら、日本のファッション文化をグローバルに向けても発信していくことを目指す。

READ MORE