News
  • share with weibo

China|「ティンバーランド」がアジアを代表する俳優・音楽家でエコロジストのウィルバー・パンをエコヒーローに選出

Sep 27, 2019.高村 学Shanghai,CN
VIEW41
  • share with weibo

「ティンバーランド(Timberland)」は、中国語圏で活躍するウィルバー・パン(Wilber Pan、潘瑋柏)を、「ネイチャー・ニーズ・ヒーローズ(Nature Needs Heroes)」キャンペーンのエコヒーローに選出した。「ネイチャー・ニーズ・ヒーローズ」とは、サステナビリティに対する考え方を変えようとする「ティンバーランド」の多面的なアプローチの中心にあるキャンペーンで、よりグリーンな未来を構築するためのエコヒーローとして世界中から12人が選ばれた。ウィルバー・パンは、俳優・音楽家としてアジアで絶大な人気を誇っており、エコロジストとしても知られている。2019年4月には、内モンゴル自治区のホルチン砂漠緑化プロジェクトに参加し、「ティンバーランド」の植樹活動にも関わった。

今年9月6日には、中国・上海で開催された「ネイチャー・ニーズ・ヒーローズ」の発表会に、グローバル・クリエイティブ・ディレクターのクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)とともに登壇し、「エコだけじゃなく、社会貢献活動もずっとしていきたいので、今回はティンバーランドのアンバサダーになれてすごく嬉しいです。植樹活動にも参加しましたが、簡単なことのように聞こえますが、約20年もの間、ティンバーランドはその行動を続けたことで、素晴らしい結果につながったんだ思います。小さなことから始めて、最終的に素晴らしい結果に繋げること、それこそがまさに『ネイチャー・ニーズ・ヒーローズ』です」と、同キャンペーンの理念について説明した。

ウィルバー・パンに、「ティンバーランド」から学んだことやサステナブルに対する考え方について、中国・上海で話しを聞いた。
SVT:「ティンバーランド」と仕事をするようになって、学んだことがあれば教えてください。
ウィルバー・パン(WP):学生の頃は「ティンバーランド」はヒップホップの影響をもとに、ストリートスタイルっぽいイメージを持っていました。イエローブーツを履いていないとファッション好きでないというイメージがあった。しかし、レイバーンや「ティンバーランド」と仕事をするようになって、その認識は甘かったと気づきました。ブーツやアパレルの商品イメージから、「ティンバーランド」をそのように思い込んでいたけれど、実は「ティンバーランド」の背景には、ファッションブランドである以上に、共感できるものがあることに気付いたのです。それは、リサイクルや環境保護の活動を通して世界中に影響を与えているという事です。ファッションにとどまらない、もっと広い価値観の中で、世界中の色々な人に影響を与えていると思います。自分なりの方法で、この世界を保護している。また同時にファッションも人々に提供している。私はアンバサダーになってからこれを知りました。

SVT:ファッションに関して、人々がもう少しエコ意識を持つにはどうすればいいですか。
WP:ファッションの表面的なものだけじゃなく、世界中の様々なエコ活動を観察して、そこから気付きを得ていく事が大切だと思います。普通はファッションの見た目の部分にひかれると思うけど、もっと深い意味でエコの事を考えたり、環境保護のことを考える事が大切です。

SVT:「ティンバーランド」のサステナブル活動はどのように評価していますか。
WP:「ティンバーランド」は、長い間ずっと環境保護にコミットして、様々な活動をしてきました。単純に見た目やお金を追求するのではなく、例えばリサイクルできる生地を使えば、より社会が持続可能になり、結果的には様々な命をリサイクルさせる事が出来ます。私たちも、次の世代につなげるために、「ティンバーランド」の活動に貢献していきたいと思います。もしこのようなリサイクルなどエコ活動がなければ、このまま人類も滅びると思います。「ティンバーランド」だけでなく他のブランドも含めて、そしてファッションだけでなく色んな業界においても、リサイクルを取り入れていくべきだと思います。

ホルチン砂漠緑化プロジェクトに参加したウィルバー・パンは、「自分がこの世界をより良くしたと実感できた」と、その時の気持ちを率直に答えている。自分の身の回りのちょっとしたアクションが、地球環境をより良くできるのだということを身をもって実感したという。まさに「ネイチャー・ニーズ・ヒーローズ」を通して、「ティンバーランド」とエコヒーローたちが伝えたいことであろう。

READ MORE