FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「グッチ」が「Gucci Wonderland」展をジュネーブで開催 スケルトンのトゥールビヨンの新作をはじめ貴重なウォッチアーカイブが一堂に

Apr 6, 2022.高村 学Tokyo, JP
VIEW147
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
courtesy of Gucci

「グッチ(GUCCI)」は、スイスのジュネーブで「Gucci Wonderland」展を開催し、ハイウォッチメイキングコレクションの第2弾を発表する。本展は、「グッチ」が1972年にスイスのラ・ショー・ド・フォンで時計作りを開始してからちょうど50周年になることを祝して開催される。「グッチ」は、2021年により高度な技術、上質を極めた素材、独創的で芸術的な装飾によるコレクションを発表し、ハイウォッチメイキングへの進出を果たしている。

今回開催される「Gucci Wonderland」展では、「グッチ」の貴重なウォッチアーカイブが展示される。1950年代の珍しい置時計や日記帳に組み込まれた時計をはじめ、1960年代のハンドバッグに組み込まれた時計、1970年代の半貴石を用いたバングルウォッチなどが展示され、これらのアーカイブが一堂に会するのは今回が初めてとなる。

さらに、今回発表されるハイウォッチメイキングコレクションの第2弾は、魔法のフェアグラウンドにインスパイアされたコレクションとなっている。「GUCCI 25H」スケルトン トゥールビヨンは、8mmのスリムなケースにシースルーダイアルを組み合わせ、「グッチ」独自の新しいフライングトゥールビヨン キャリバーが搭載されている。「G-タイムレス」からは、12石のジェムストーンをセットしたプラネタリウム、天空に広がる魅惑的な世界を表現したムーンライト、ダイアルの上に12匹のハチが煌めいているビーダンシングビーがラインアップされている。「グリップ」サファイアは、鮮やかなミントグリーンの2つの新作が登場する。

さらに、「Gucci Wonderland」展の会場には「Gucci Greenhouse」が併設され、「グッチ」の2022年の新作ウォッチコレクションが展示される。「グッチ」の50年にわたる時計作りの歴史と情熱を垣間見ることができるエキシビジョンだ。

READ MORE