News
  • share with weibo

Japan|「OIL by 美術手帖」が「渋谷パルコ」にオープン 岩渕貞哉・総編集長が考える「アートの楽しみ方の実践」とは

Nov 19, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW248
  • share with weibo
『美術手帖』の岩渕貞哉・総編集長

アート専門誌『美術手帖』は2019年11月22日、「渋谷パルコ」2階にギャラリー「OIL by 美術手帖」をオープンする。“日常でアートを楽しむ”というコンセプトのもと、『美術手帖』がキュレーションする展覧会やイベントを約3週間の会期で開催していく。「OIL by 美術手帖」は、ギャラリースペースだけではなく、ショップとカフェを併設していることが特徴だ。ショップでは、『美術手帖』のバックナンバーやアート性の高いプロダクトを取り揃える。カフェは、丸若裕俊の「GEN GEN AN」がディレクションを手がけ、アート作品を鑑賞しながら日本茶をいただくことができる。

『美術手帖』の岩渕貞哉・総編集長は、「『渋谷パルコ』というユースカルチャーの中心地で、ファッションのように身近にアートを楽しんでもらう機会をつくることで、アートシーンを活気づけていきたい」と、意気込みを述べる。『美術手帖』は、1948年の創刊以来、70年以上にわたって国内外のコンテンポラリー・アートの最前線を紹介してきたが、「雑誌やウェブメディアで情報発信していると読者との距離感をもどかしく思うこともあり、こちらからお客さんのほうへ踏み込むチャネルとして実店舗の運営を決意した」と語り、この空間を通して「OIL by 美術手帖」ならではのアートの楽しみ方を実践していくという。

「OIL by 美術手帖」のオープニングでは、玉山拓郎の個展「The Sun, Folded.」を開催する。鮮やかな色彩の家具や照明、日用品といったオブジェと、映像を用いたインスタレーションで知られる玉山だが、近年新たなテーマとしている「宇宙」のイメージから構成した新作の映像作品を発表する。展示空間にリフレクションする映像のグラフィカルな世界と、ギャラリーを訪れた観客が対面することによって、「未知の次元」を空間全体に浮かび上がらせるという。本展は11月22日から12月11日まで開催される。来年3月までの企画はすでに決定しているというから、今後の展開も楽しみだ。アート作品との出合いの場を創造し続ける『美術手帖』に今後も注目だ。

「OIL by 美術手帖」
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 2階
定休日:不定休(「渋谷パルコ」の休館日に準ずる)
営業時間:10:00〜21:00

READ MORE