FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「Rakuten Fashion Week TOKYO」2022年秋冬が3月14日から開催 「CFCL」「トモコイズミ」「トーガ」などがショー

Feb 9, 2022.高村 学Tokyo, JP
VIEW140
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「Rakuten Fashion Week TOKYO」のシーズンプロモーションムービー(PHOTO:SEVENTIE TWO)

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(以下JFWO)は2月9日、記者発表会を開催し、3月14日から19日までの期間で「Rakuten Fashion Week TOKYO(楽天ファッションウィーク東京)2022 A/W」を開催すると発表した。記者発表会にはJFWOの太田伸之理事、古茂田博事務局長、今城薫ディレクター、楽天グループの松村亮執行役員が登壇した。今回は全54ブランドの参加が決定しており、30ブランドがフィジカル、24ブランドがデジタルの形式で発表する。初参加は高橋悠介の「CFCL」や小松雄二郎・有賀晶友の「ブラックミーンズ(blackmeans)」など17ブランド。「FASHION PRIZE OF TOKYO」の第4回受賞ブランドの「CFCL」は、今回が凱旋イベントとなる。同アワードは、東京のファッションデザイナーを1組選定し、パリでのショー形式のコレクション発表をサポートするもの。岐阜県発のファクトリーブランドの「ブラックミーンズ」は、国が推進する「日本博」の一環としてブランド初の単独ランウェイショーとなる。

また、楽天グループが支援するプロジェクト「バイアール(by R)」は、「トモコイズミ(TOMO KOIZUMI)」と「トーガ(TOGA)」のショー開催を支援することも発表された。楽天は2019年8月に冠スポンサー契約を締結し、コロナ禍の影響で2020年秋冬が開催中止となる事態もあったが支援を継続する。「トモコイズミ」は3月14日、「トーガ」は3月19日にショーを開催する。「トモコイズミ」の小泉智貴は「2019年に開催された『Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S』への参加以来、東京でのショーは、今回で2回目となります。楽天さんにサポートしていただき、さらに進化した『TOMO KOIZUMI』のドレスを通じて、見た人の心を楽しく明るい気持ちにしたいと思います」と語っている。「トーガ」の古田泰子は「コロナ禍において発表形態が多様化したパンデミックの中、今シーズンは、『Rakuten Fashion Week TOKYO 2022 A/W』への招待を受け、東京とロンドンで発表します。5年ぶりとなる2都市連続のランウェイショーを、是非見てください」とコメントしている。

記者発表会に登壇した太田伸之理事は、「仮想空間でのコスチュームが5千万円で売れました。コロナ禍でも新しい局面がデジタルで生まれている」と語り、古茂田博事務局長は「東京独自のファッションウィークを目指している。フィジカルとデジタルの融合の中で新たなプラットフォーム作りをしていき、グローバルを目指す。基盤作りの初期の段階だったが、進化させていく時期に入った」とコメントしている。今シーズンのキービジュアルとムービーは、東京を象徴するような音楽とアニメーションのコラボで、イラストレーターのがーこが描き、楽曲はにしなが担当した。なお、ムービーの制作は「Rakuten Fashion Week TOKYO」として初となる。

READ MORE