News
  • share with weibo

Japan|「アディダス」がサッカー日本代表2020の新ユニフォームを発表 コンセプトは「日本晴れ(ニッポンバレ)」

Nov 6, 2019.伊東花歩Tokyo, JP
VIEW161
  • share with weibo

アディダス ジャパンは2019年11月6日、サッカー日本代表の新しいユニフォームである「サッカー日本代表 2020ホームユニフォーム」を発表した。同日よりアディダスオンラインショップ、直営店、サッカーショップKAMOにて先行販売をスタートする。コンセプトは2020年の希望の青空をイメージした「日本晴れ(ニッポンバレ)」で、”スカイコラージュ”のグラフィックを使ってさまざまな空模様が一つにつながっていく様子を表現した。サッカー日本代表が、日本中に希望を与える日本晴れの空のような存在であって欲しいという願いが込められている。また、機能性にも優れており、オーセンティックユニフォームにはアディダス最高峰のクーリングテクノロジーである「ヒートレディ(HEAT.RDY)」を搭載。通気性、除熱性に優れ、プレーヤーの衣服内環境を快適に保つ。レプリカユニフォームには「エアロレディ(AERO.RDY)」を使用し、ドライな着心地をキープする。

「サッカー日本代表 2020ホームユニフォーム」の発表会見に登壇したアディダス・ジャパンのトーマス・セイラー副社長は、「『アディダス』は1999年から日本サッカー協会のオフィシャルパートナーとして合計11枚の代表ユニフォームを世に送り出してきた。『アディダス』は日本サッカー協会、選手、ファンのみなさまと日本サッカーの歴史をともに歩み、素晴らしい瞬間を目撃してきた。"スポーツを通して人々の人生を変える力がある”、これが『アディダス』の信念であり、特にサッカーは人生を変える力を持っていると信じている。サッカーは『アディダス』にとって重要な種目であり、トップレベルのプロフェッショナルサッカーから草の根のサッカーに至るまで、サッカーに関われることを誇りに思っている」と語った。

アディダス・ジャパンのトーマス・セイラー副社長

また、アディダス ジャパンのブランドコミュニケーションズの西脇大樹ディレクターは、「非常に多くの人の情熱が詰まったプロジェクトだ。あらゆる世代の代表が着用するユニフォームになにが表現されるべきか、私ども開発チームが礎にしたのは、スタジアムから見上げる最高の青空だ、この空から希望や前向きなエネルギーを感じた」と、5色の空を折り重ねたスカイコラージュのユニフォームについて説明した。

アディダス ジャパンのブランドコミュニケーションズの西脇大樹ディレクター

日本代表の久保建英選手は、新ユニフォームの印象について、「第一印象からデザインが好きです。まだサッカー日本代表のユニフォームを来たことがない方もユニフォームを着ていつも応援してくださっている方にも着やすいデザインだと思いました。ぜひこのユニフォームを着て、応援に来て欲しいです!」とコメントした。

READ MORE